インフルエンザに気を付けましょう

インフルエンザは気温が下がり空気の乾燥する12月~3月頃に流行する感染症です。

感染経路は、感染した人のせきやくしゃみによる飛沫感染と、感染した人が触れた物にウイルスが付着し、それを他の人が触ることによる接触感染がほとんどです。

インフルエンザはかぜ(感冒)と混同されることがありますが、感染源となるウイルスの種類が異なるため、症状にも違いがあります。 インフルエンザ対策のためには、まずインフルエンザとかぜとの違いを正しく知ることが大切です。

インフルエンザとかぜ(感冒)の違い

通常のかぜはのどや鼻に症状が現れるのに対し、インフルエンザは急に38~40度の高熱がでることが特徴です。さらに、倦怠感、筋肉痛、関節痛などの全身症状も強く、これらの激しい症状は通常5日間ほど続きます。

また、気管支炎や肺炎を併発しやすく、重症化すると脳炎や心不全を起こすこともあり、体力のない高齢者や乳幼児などは命にかかわることもあります。

インフルエンザを予防するために

インフルエンザの流行を防ぐには、まず一人ひとりの予防が大切です。日ごろから手洗い・うがいをこまめに行い、外出の際はマスクを使用し、人の多い場所には近づかないようにしましょう。

またインフルエンザには、ワクチンの予防接種がとても有効です。ワクチンの効果がでるまでには2週間ほどの期間が必要で、有効期間は5ヶ月あります。早めにインフルエンザ予防接種を受けることをお勧めします。

地域によって高齢者やお子様の接種費用助成があります。
詳しくは、お住まいの区市町村へお問い合わせください。